五十嵐産婦人科医院五十嵐産婦人科医院

子宮頸がん予防ワクチン


4価ワクチン「ガーダシル」が認可されました。
6、11、16、18型のヒトパピローマウィルス(HPV)による感染を防ぐワクチンです。

ワクチン接種後

体の中に子宮頸がんの原因となる16型と18型に対する抗体が作られ感染を防ぎます。6型と11型に対する感染予防効果も含まれているので、これらのウィルスが関係している尖圭コンジローマの発症も予防できます。

ワクチンを接種しても

100%子宮頸がんを予防できる訳ではありません。

  • 他のタイプの感染を予防できない。
  • 接種前の感染を排除できない。
  • すでに生じた病変の進行予防はできない。

子宮頸がんは長期間かけて発症する病気であり早期に発見すればがんになる前に治療が可能です。

上記のことから、「定期的な子宮頸がん検診」がとても大事です。

子宮頸がん検診が大切です
  • ワクチンと検診で子宮頸がんからあなたの体を守りましょう。
  • 3回接種(初回、2ヶ月後、6ヶ月後)で十分な予防効果が得られます。必ず3回目まで接種してください。費用は合計約5万円です。
  • 接種後の腫れ、痛みは防御システムが働いている為ですが、通常数日で治まります。長く続いたり気になる症状はご相談ください。

公費助成での接種も可能です。(対象者のみ)

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
接種にあたっては有効性とリスクを理解した上で受けてください。