妊婦健診、ピル処方、妊娠中絶手術なら仙台市青葉区本町「五十嵐産婦人科医院」

妊婦健診

妊娠の診断

最終月経を参考に、妊娠検査薬や超音波検査、内診などで、妊娠の診断が行われます。正常妊娠か、予定日がいつ頃で現在妊娠何週目かなどもわかります。
妊婦健診は予約制で行っております。

妊婦健診

妊娠とわかったら、妊娠届を住所地の区役所又は保健センターに提出して母子健康手帳をもらいましょう。自分で書き込むページや、母子共に健診の都度記録してもらうページなどがあります。又、妊娠や赤ちゃんについての情報、助成券の付いた別冊などもありますから是非活用しましょう。

健診の内容

毎回行う健診内容

体重・血圧・子宮底の長さ・腹囲・胎児の位置や大きさの確認
胎児心音の確認・むくみの有無・尿検査

超音波検査では胎児や子宮内の様子についての情報が得られます。初期には胎児の心拍動をかくにんしたり、胎児の大きさから出産予定日を算出したりします。中期には胎児が予定通り発育をしているかどうか確認できます。末期になると、前置胎盤や逆子の診断もつきます。妊娠16週以後の健診時には、月・木・金(15:00~18:30)、木(11:00~12:30)のみ3D、4Dの画像がご覧になれます(新川医師担当)。御希望によってDVD録画もいたします。(初回のみ500円、以後無料で追記)

妊娠の時期によって必要な検査
妊娠12週までのうちに受ける検査

初回助成券にて18,000円が助成されます

1. 妊婦健診(超音波含)
2. 貧血
3. 血液型(ABO.Rh)
4. 不規則抗体
5. 梅毒
6. 風疹抗体
7. B型肝炎
8. C型肝炎
9. HIV抗体
10. グルコース
11. クラミジア抗原
12. 子宮頚がん検診
13. HTLV-1抗体
26週~30週になったら
14. 貧血
15. グルコース
34週以後は分娩施設にて必要な検査を受けて下さい。

健診の回数

初期~23週(6ヶ月)
4週間に1回
妊娠24週~35週(7ヶ月~9ヶ月)
2週間に1回
妊娠36週(10ヶ月)に入ったら
1週間に1回
予定日を過ぎたら
医師の指示で

産科セミオープンシステムとは

産科セミオープンシステム 産科セミオープンシステムとは「普通の妊婦健診は近くの診療所で、お産は総合病院で」というシステムです。アメリカではこうしたシステムが常識化していますが、今後日本でも主流になると予想される診療スタイルです。
当院で妊婦健診を行い、医療体制が整った病院(分娩施設)で安全・安心な出産ができます。
異常がある時は、すぐに優先的に出産予定の病院が対応します。
診療所と総合病院では以下のような特徴があります。

診療所:ちょっとしたことでも質問しやすい、詳しく説明してくれる、家から近いので便利など。
総合病院:施設・スタッフがそろっており緊急事態に対応できる、特殊な検査・処置・治療ができるなど。

このシステムを利用していただくことにより、各々のメリットを十分に活用していただくことができます。下記の5病院のいずれかで初期のうちに分娩予約をしていただきます。

産科セミオープンシステムにおける妊婦健診の流れ

妊娠前期及び中期の妊婦健診は基本的に当院で行いますが(予約制)、妊娠10週および20週頃の2回は分娩施設(病院)を受診してください。この時にリスクが高いと判断された場合は、以後の管理は分娩施設で行うことになります。
妊娠34週以降は産後1ヶ月まで分娩施設で管理します。夜間休日等の緊急時には分娩施設を受診してください。